Agent遠隔制御サービス 


遠隔装置登録だけでいつでもどこでも、遠隔制御可能!

無人ATM管理を完璧に行えるAgent遠隔サポートサービス

WizHelperは生産性増大と効率的な管理で様々なコストが節減されます。

Agent遠隔制御の利用方法 


遠隔地デバイスにAgentをインストールしてください。 

遠隔制御プログラムで登録されたAgent情報を確認後、ワンクリックに遠隔デバイスを接続します。 

1. Agent(デバイス)登録

PC(Windows) - ホームページ上段の登録プログラムインストール後機器登録。

Androidデバイス - Google Playストアで「MobileHelper」インストール後機器登録。 

2. WizHelper機器接続 

WizHelper相談員プログラムから機器接続!登録されたAgent情報を確認後、「遠隔制御」ボタンをクリック

3. ワンクリックリモート接続

Agentリモートが接続された画面です。

 WizHelper機器接続(Agent)サービス 

- 韓国初の遠隔制御サービス (2000年インターネットAS博士発売)

- 直観的なユーザーUI 

- 遠隔装備の現況把握

- グループ管理およびマルチユーザーアクセス管理 

- アクセス履歴LOG 

- 多重制御および管理 

- 各種統計および報告書 

Ahranta WizHelper


Agent遠隔制御機能 


遠隔制御が必要な機器に登録プログラムまたはアプリケーションのインストールを通じて機器登録後、


遠距離無人装備、社内装備などをいつでも遠隔管理できます。

画面保存

リモートコントロール画面をパソコンに保存します。

画面の保存が終わるとイメージが保存されたフォルダが自動的に開きます。

録画開始・中止・確認

リモートコントロール画面を動画に保存して再生します。

録画が終了すると動画が保存されたフォルダが自動的に開きます。

画面回転禁止 
遠隔制御機器が自動回転機能が有効になっている場合、
回転を禁止します。

URL配信

PCに入力したURLを送信してブラウザに表示します。URL転送ウィンドウでマウスの右ボタンをクリックし、頻繁に使用するURLを登録・管理することができます。

ステータスバー上がる・下がる
遠隔制御機器のステータスバーの上げ下げを行います。

描画ツール
図形、矢印、直線などさまざまな描画ツール機能を使用して遠隔地のPC画面にガイドラインを描くことができます。

画質選択

画面のカラーおよび画質を変更できます。画質が高くなるほど遠隔制御速度は落ちます。制御PCの仕様及びネットワークの状態に合わせて設定してください。

画面拡大・縮小

リモート制御画面を拡大または縮小します。 現在ご覧の画面比率が1:1の場合、これ以上拡大されません。

自動調節 
リモートコントロール画面を1つの画面に表示できるサイズに自動調整します。

画面遮断

遠隔制御画面が見られないように画面を一時的に遮断し、画面が見られないようにします。

上下反転 

お客様のデバイス画面を上下反転して見ることができます。

ファイル伝送
ファイル管理者を通してファイルのやり取りが可能です。

または相談員のPCから遠隔制御画面へファイルをドラッグ&ドロップして送信や受信することができます。

相談移行

待機中の他の相談員に制御権を移行します。 移行後に接続を終了しない場合、移行された相談員と遠隔地画面を共有することができます。

サウンド共有 

遠隔地PCで再生されるサウンドを共有します。

ボイスチャット

遠隔地の顧客と音声チャットでコミュニケーションします。

(音を入出力できるマイク、スピーカー、そしてヘッドセットが必要です。)

スマートフォンでいつでもどこでもコントロール!

時間や場所に関係なくスマートフォンさえあれば、登録されたPC・Android機器を連結して遠隔制御が可能です。