アランタカスタマーセンター

  • テクニカルサポートセンター
  • T. +82-2-325-0303 (ARS 1番) 
  • 製品に関するお問い合わせ 
  • T +82-2-325-0303 (ARS 3番)

Q1. アクセス番号を入力してから案内に従って進行しましたが、プログラムがダウンロードされません。
  A1. クリーナー、ツールバー、ワクチンなどのプログラムをインストールして使用している場合はセキュリティ設定を確認してダウンロード制限を解除するか、WizHelperサイトアドレスを安全なサイトに登録して例外処理してください。
  A2. エクスプローラでサービスを利用中の場合は、ウィンドウズの自動アップデートが設定されているかご確認ください。自動アップデートが設定されていることを確認し、ウィンドウズがアップデートされたらシステムを再起動してから再び実行してください。

 Q2.  相談員と接続プログラムを実行時に「インターネットに接続されていないかファイアウォールが原因でサーバーから環境設定ファイルを取得できませんでした。」というメッセージが表示され、プログラムが終了します。
  A1. まずインターネットやネットワークの接続ができているかどうかを確認します。インターネットが接続されているならWizHelperホームページに接続してページが正常的に開けるかどうかを確認してください。
  A2. Q1の解決方法に従って行った後、もう一度実行してください。 

Q3. 相談員プログラムにログインできません。
  A1. アカウントとパスワードが正しく入力されているか確認してください。 
  A2. 管理者アカウントとグループ管理者アカウントは相談員プログラムにログインできません。 
  A3. 相談員接続IPが設定されている場合、該当IPのパソコン以外からのログインが制限されます。アクセス IP は管理者を通じて追加登録することができます。 

Q5. 相談員待機をしましたが、接続番号が作成されません。
  A1. 通信状態とファイアウォールを確認します。接続番号は実際に遠隔制御通信を行う中継サーバから受信を受けます。 サーバーと通信できなければ接続番号を受信できません。
  A2. 相談員プログラムにログインした後、長時間作業がない場合はセッションが切断されます。 この場合はプログラムを再起動してログインすれば解決されます。
  A3. これ以外の場合は中継サーバーに障害がある可能性がありますので管理者にお問い合わせください。
 
Q6. リモート制御接続中に接続が切断されます。 
  A1. ネットワーク状況やファイアウォールを確認してください。
  A2. セキュリティープログラムを使用している場合、セキュリティープログラムによってモジュールが遮断されることができます。使用しているセキュリティプログラムのリアルタイム監視をしばらくオフにしたり例外処理をしたら解決できます。

Q7. 遠隔制御中にコントロールウィンドウを閉じたのですが、遠隔制御ウィンドウを再度表示することはできないですか。
  A1.遠隔制御中にコントロールウィンドウを誤って閉じてしまった場合、遠隔制御ステータスウィンドウの「遠隔制御」、「遠隔終了」の2つのボタンのうち「遠隔制御」ボタンを押すとコントロールウィンドウが再び表示されます。遠隔制御相談の終了は「遠隔終了」ボタンでのみ可能です。 

Q8. リモートコントロールプログラムの異常終了により、相談記録の状態が完了と表示されません。
  A1.リモートコントロール接続または相談中にプログラムの異常終了により相談記録に完了と表示されない場合、相談員は相談記録の「相談記録詳細の表示」から修正機能により状態を完了に修正することができます。